銀鏡塗装システム MFS

スプレー塗装に類似した操作で簡易にAgナノ粒子積層膜を形成する鏡面加飾技術です。当社の銀鏡塗装システムは、MFS(Metalize Finishing System)と称しており、銀の薄膜形成用の薬液を中心に専用のアンダーコート材、豊富なメタリック表現を可能とするカラートップコート材、そして小型で使いやすい専用の銀鏡塗装ユニットで構成されます。

ところで「銀鏡(塗装)」というと少し古典的な、また過去の銀鏡塗装の特性をご存知の方には「銀鏡膜の耐久性はどうなの?」と心配されるかもしれません。
当社では、長年にわたり、銀鏡塗装システムを構成する基本的なコート材料や、銀鏡薬液の配合を追求し、また耐久性を向上させるための様々な処理液を開発してまいりました。その結果、従来の銀鏡塗装のイメージを覆す高い耐久性を有する銀鏡塗装膜を得ることができました。

MFSの特徴について

お望みの高意匠銀鏡が簡単に作れます
スプレー塗装技術に類似した操作で、鏡面加飾や機能性膜を付与できます。

耐久性に優れています
従来の銀鏡塗装のイメージを覆す高い耐久性を有する銀鏡塗装膜を得ることができます。

様々な素材に対応します
プラスチック材料だけでなく、木材,金属,ガラスなど、通常の”塗装のできる素材”であれば、美しい鏡面を作ることができます(素材に適したプライマー処理等を行う必要があります)。

ハーフミラーを簡単に作ることができます
ハーフミラー作製技術を応用して独特の浮遊感を持つ色彩を容易に実現できます。また、着色したアンダーコート、トップコートと銀鏡処理を組み合わせ、光の強弱により色彩が変化する新しいデザインを創造できます。

銀の機能を付与します
銀の優れた光線反射特性、電気伝導特性、抗菌性などを簡単に付与できます。
加飾以外の応用例を紹介した資料は下記からダウンロードしてご参照ください。

基本システムは簡単な設備投資で完成します
MFSは、メッキ技術の一種です。しかし大きなメッキ槽,水槽などは必要ありません。一般的な塗装ブースのような簡便な設備でシステムは完成しますので、低い設備投資で導入できます。MFSは、上の写真の”ファーストユニット”が基本スタイルですが、より小型の”MINI SET”もございます。

さらに生産規模に合わせた柔軟な設備を提案いたします
MFSは、少量生産から大量生産設備まで、お客様のご要望の生産規模に合わせて最適なシステムを提案させていただきます。

低環境負荷プロセス
MFSは有害な重金属や特殊な化学処理を必要としない環境に配慮したやさしい技術です。ゼロエミッションプロセス化も可能です。

MFSのプロセス

表面化工研究所の銀鏡塗装システム~MFS(Metalize Finishing System)は、銀の高い反射特性を生かして、《光》,《空間》を演出します。銀色なら何でもよいわけではありません。お客様の求める《ミラー》,《メタル》のイメージを表現いたします。
Step1. アンダーコート
まず銀鏡処理の下地として、製品表面に、銀との密着性に優れた専用コート材を塗布します。
Step2. 銀薄膜形成
MFS専用の2頭ガンで、銀膜を形成します。
 
Step3. トップコート
銀膜の保護のため、専用のトップコートを塗布します。トップコート色を変えることで、様々な金属調デザインが可能です。
通常の「塗装のできるもの」であれば、どんなものでもMFS処理OKです。

MSFの耐久性

従来より、銀鏡塗装による銀膜は高い光反射性を有し美しい金属調加飾ができることは知られていました。
しかし、この塗膜は、銀が環境中の化学物質と反応しやすいため変色・腐食・塗膜の剥離が生じやすいという欠点を持っていました。
当社では、銀膜の反射性を損なうことなく膜表面を保護し塗膜の耐久性を大幅に向上させる処理薬液を開発いたしました。その結果、MFSによる銀鏡塗装塗は、主に屋内用途の製品のみならず、屋外で使用される様々な製品にも展開されつつあります。

【塩水噴霧試験(240時間)後のMFS銀鏡塗膜の状態】
試料中心線に沿って塗膜をカットし塩水噴霧試験を行いました。

MFSは、当社の開発した次の腐食防止技術で、銀鏡膜の耐久性を大幅に向上します。

腐食防止剤:反応を停止させ安定させます
密着付与剤:銀とアンダーコートの接着性を向上するアンダーコート剤への添加剤です

MFSの耐久性向上薬液の作用イメージ

実施例